logo Loading

次はこれだ!
日本美術の知られざる名匠

明治から大正にかけて活躍した渡辺省亭の全貌を明らかにするはじめての展覧会です。省亭は明治11(1878)年の万博を機にパリに渡り、ドガをはじめ印象派の画家たちと交流した経験を持ちます。

繊細で洒脱な花鳥画は、その後、万博への出品やロンドンでの個展などにより、海外で高い評価を得ます。一方、国内では、迎賓館赤坂離宮の七宝額原画を描くなど、その実力は認められながらも、明治30年代以降は次第に中央画壇から離れて市井の画家を貫いたため、展覧会で紹介されることが少なくなりました。

この展覧会は、近年再評価され、注目される省亭の海外からの里帰り作品を含め、これまで知られていなかった個人コレクションを中心に、全画業を紹介する待望の企画です。

渡辺省亭

嘉永4年12月(1852年1月)江戸神田佐久間町に生まれる。16歳で歴史画家・菊池容斎に入門。明治8年(1875)起立工商会社に入社し、輸出用工芸図案を担当。明治11年(1878)のパリ万博への出品を機に、日本画家として初めて渡仏。帰国後、内外の博覧会や展覧会に花鳥画を中心に積極的に出品。明治20年代には伝統と洋風を融合した自己様式を確立。明治30年代以降、美術展覧会、美術団体と距離をおき、弟子も取らず市井の画家として活動。大正7年(1918)に68歳で亡くなるまで、注文に応じて制作を行った。※数え歳

みどころ Highlights

春夏秋冬、花鳥風月 
―生きとし生ける、
生命の愛しさ

《牡丹に蝶の図》

1893(明治26)年  絹本着色  個人蔵

江戸の美意識と西洋感覚

生涯浅草に暮らした省亭は、江戸の美意識を頑なに守るタイプの日本画家でした。反面、その卓越したデッサン力や描写力は当時の日本画界では突出しており、西洋人の眼さえも驚かせました。日本的な情緒と西洋的な写実がみごとに融合した絵画世界は、現代の私たちにとっても魅惑の存在です。

《春野鳩之図》

絹本着色  加島美術 

《月夜木菟》

絹本着色  個人蔵

七宝作家・濤川惣助との
超絶技巧コラボレーション

無線七宝の技術を開発して近代日本工芸史に多大な功績をのこした濤川惣助(1847-1910)。その技術の魅力を最大限に引き出したのが省亭の原画でした。濤川の無線七宝は数々の万博に出品され海外でも評価されましたが、東宮御所(迎賓館赤坂離宮)の造営に際しては省亭の原画による七宝額絵の連作を製作しています。

濤川惣助作 渡辺省亭原画(推定)
《柳燕図花瓶》

明治時代後期 七宝 
京都国立近代美術館 (撮影:木村羊一) 

賓客をもてなす最上級の美

国宝・迎賓館赤坂離宮にある「花鳥の間」を今も華やかに飾る渡辺省亭・濤川惣助の共作による七宝額の原画を展示します。

迎賓館赤坂離宮・七宝額原画
《淡紅鸚哥に科木》《山翡翠・翡翠に柳》

絹本着色 全三十図のうち 東京国立博物館
Image:TNM Image Archives
いずれも展示期間:3月27日〜4月25日

迎賓館正面 

花鳥の間 

花鳥の間・七宝額絵
※本展には出品されません 

迎賓館赤坂離宮の「花鳥の間」壁面には30面の七宝額絵が飾られています。完全な状態で保存されたその原画は、今日、工芸品の原画というよりも省亭の代表作として異彩を放っています。
(画像提供:迎賓館赤坂離宮)

印象派の画家やロンドンっ子を
うならせた美と技

明治11(1878)年、省亭は日本画家としてはじめてパリを訪れ、滞在中にその筆さばきがドガをはじめ多くの印象派の画家たちを驚嘆させたと伝えられます。また、明治20年代にロンドンの画廊で開催された展示会では100点以上の省亭作品が販売されたと考えられています。今回の展覧会では海外での高い評価を物語る作品が里帰りします。

《百舌鳥に蜘蛛図》《牡丹に雛図》
《雛に双鶏図》《鰈図》(花鳥魚蝦畫冊)

絹本着色  全二十一面のうち  
メトロポリタン美術館、米国

《鳥図(枝にとまる鳥)》

1878(明治11)年  紙本淡彩
クラーク美術館、米国
Clark Art Institute.clarkart.edu 

『美術世界』春陽堂刊行

1890~94(明治23~27)年 木版本 
二十五冊のうち 個人蔵 

多色刷木版の発行が
海外での人気を高める。

省亭は自ら編集して多色摺木版による雑誌『美術世界』を発行し、江戸時代からの伝統木版多色摺の技術を蘇らせて北斎などの作品を翻刻掲載しました。この美しい本は外国人にも人気を博し、多く輸出されたといいます。

花鳥画だけではない省亭の魅力!
江戸の粋、省亭風美人画

菊池容斎門下の歴史画家として出発し、その後、花鳥画で一家を成しましたが、花鳥画に劣らず独特の品格を持つ美人画は「省亭風」とよばれ、後代の鏑木清方らにも影響を与えました。

冬 墨堤の雪

秋 瀧の川の楓

夏 不忍池蓮

春 上野清花

《四季江戸名所(春 上野清花)
(夏 不忍池蓮)(秋 瀧の川の楓)
(冬 墨堤の雪)》

絹本着色  四幅  個人蔵

チケット Ticket

  • 観覧料
    (税込)
    前売券
    当日券
  • 一般
    1,500 円
    1,700 円
  • 高校・大学生
    1,000 円
    1,200 円
  • ※会期中展示替えがあります。
  • ※中学生以下は無料
  • ※障がい者手帳をお持ちの方とその介助者1名は無料(入館の際に障がい者手帳などをご提示ください)
  • ※入館の際、マスクの着用、アルコール消毒、検温のご協力をお願い致します
    最新の情報はホームページでご確認ください。
  • ※本展は事前予約制ではありませんが、今後の状況により変更及び入場制限等を実施する可能性がございます。最新の情報はホームページでご確認ください。
  • ※新型コロナウイルス感染症拡大防止への主催者の取り組み、お客様へのお願い等を記載いたしますので、ホームページを必ずご確認のうえ、ご来場ください。

発売方法

販売期間

前売券
2021年2月10日(水)
10時~3月26日(金)23:59
当日券
2021年3月27日(土)
0時~5月23日(日)15:00

販売場所


※手数料がかかる場合がございます。

公式ガイドブック Catalog

公式ガイドブック
(東京藝術大学大学美術館編)

会期中、東京藝術大学大学美術館内で販売するほか、
一般書店でも販売(2021年3月25日から)。

「渡辺省亭―欧米を魅了した花鳥画―」公式ガイドブック
省亭のすべてがこの1冊に!
代表作を網羅!初公開作品を含めオールカラーで一挙掲載

※表紙はイメージです。変更になる場合があります。

定価
2,600円(税込)
発行
小学館
サイズ
A4
ページ数
128ページ

開催概要 Outline

名称
渡辺省亭-欧米を魅了した花鳥画-
Watanabe Seitei: Brilliant Birds, Captivating Flowers
会期
2021年3月27日(土)
~5月23日(日)
休館日
月曜日
※ただし、5月3日(月・祝)は開館
開館時間
午前10時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
会場
東京藝術大学大学美術館(台東区・上野公園)
The University Art Museum, Tokyo University of the Arts

〒110-8714 東京都台東区上野公園12-8 GoogleMAP >
主催
東京藝術大学、東京新聞、NHK、NHKプロモーション
協賛
DNP大日本印刷、ロート製薬
問い合わせ
ハローダイヤル 03-5777-8600
巡回
愛知展:岡崎市美術博物館
2021年5月29日(土)~7月11日(日)
静岡展:佐野美術館
2021年7月17日(土)~8月29日(日)
  • JR上野駅(公園口)、東京メトロ千代田線根津駅(1番出口)より徒歩10分、
  • 京成上野駅(正面口)、東京メトロ日比谷線・銀座線上野駅(7番出口)より徒歩15分
  • ※ 当館に駐車場はありません。